給与体系は基本給?歩合給?

ドライバーは歩合給が多い

ドライバーの求人の多くが、月給が明確に記載されているため基本給だと思われがちです。
基本給で働ける会社もあるのですが、しかし、基本給ではなく歩合給のところが多いのが現実です。
ドライバーは、法律で定期的に休憩を取らないといけなくなったり待機する時間があるため、実際どのくらい働いているのか把握しにくいです。
基本給管理をすると把握しにくい労働時間によって管理が難しくなってしまうため、基本給ではなく歩合給で働いた分だけ上乗せされるようになっています。
働けば働いたほど稼げると思いきや、積荷の状況によってさほど稼げない場合も出てしまうため、働く人によって辛い給料体系と言えます。
ただ、歩合給にもメリットがありますので、必ずしも基本給の会社を探さなければいけないわけではありません。

残業代がどうなっているのかを見て選ぼう

歩合給だと残業代が出ないと思われがちですが、実は違っていて、歩合給だとしても残業代が発生します。
歩合給の場合、時間外労働が週に40時間超えると発生するようになっています。
長距離ドライバーは、週に時間外が40時間超えることが非常に多いので、残業代がどうなっているのかよく確かめる必要があります。
残業代について一切書かれていないようでしたら出ない可能性があるため、避けたほうが無難です。
残業代について書かれているようでしたら、面接時に残業代はどのような仕組みで支給されるのかをよく聞くようにしましょう。
また、歩合給なのか基本給なのか求人で明確に書かれていないことが多いので、面接時にどちらの給料体系になっているのかも聞くことが必要です。

ドライバーの転職は賃金が高く、人付き合いも最低限で済むなどの利点があります。その反面、安全第一が厳守であり指定時間も守らなければいけません。賃金の高さだけで即決せずに慎重に判断する必要があります。